不動産を高く売る為の交渉術

不動産を高く売る為の工夫とは?交渉次第で金額は変わる? - 不動産を高く売る為の交渉術

不動産を高く売る為の交渉術

不動産を売却する理由は人それぞれ異なりますが、共通している事は、少しでも高く売りたいという点です。
ではどうすれば不動産を売却する際に、高くする事ができるのでしょうか?
thteddd

正しい不動産価値を知る

不動産を高く売却したいという場合、不動産に売値をつける事になります。
この売値が適正価格よりも、安ければせっかく高く売れるチャンスをみすみす逃してしまう事になります。
しかしいくら高く売りたいと言っても適正価格よりも高すぎたら、買い手は誰もいなくなります。
つまり、現在自分の不動産価値が一体いくらぐらいなのか?その正しい不動産価値を知らなければ、高く売却する事はできないと言えるでしょう。そのためまずは情報収集し、地価を知る事、そして需要を知る事が重要です。
需要とは人気と考えると分かりやすいかもしれません。
例えば先日消費税の増税は先送りが決定しましたが、消費税の増税が決定すれば、増税が始める前に不動産を購入したいという駆け込み需要が発生します。このような高く売却できるタイミングを逃さない事が重要だと言えるでしょう。
また正しい不動産の価値が分かっても、不動産の売買は個人でやり取りするものではありません。
不動産を仲介するため、いい不動産担当者と出会えるかどうかも不動産を高く売却するためには重要だと言えます。
そのため、複数の不動産で査定をしてもらいましょう。
その時の不動産査定金額や担当者の対応などで、信用できる不動産会社に仲介をお願いするといいでしょう。

不動産の第一印象をよくする

不動産の第一印象をよくする必要があります。
基本的に不動産を売却する場合、売却が決定するまではその家に住み続ける事が賢明です。
すぐに売却にかかる期間は少なくとも4〜5カ月と言われています。
空き家になれば家も傷みますし、また住宅ローンと引っ越し後の家賃が発生すれば、2重の支払いとなり、家計を圧迫します。そのため、住みながら、買い手を探すのが一般的です。
なので、住んでいる状態を買い手に見てもらうため、いつ見学に来られても大丈夫なように、綺麗に掃除をして第一印象をよくする必要があります。
また掃除だけでなく、インテリアなどのセンスも問われます。
モノが多く雑多で生活感が溢れる家よりも、オシャレで素敵なインテリアの家の方がこんな家に自分も住んでみたいと思いますよね。幸せな家庭がイメージできるように演出する事も重要です。
あと、第一印象で、気を付けたいのはニオイです。
家のニオイに対して、そこに住んでいる人は鈍感になり気づけませんが、他人の家に遊びに行った時、それぞれの家に特有のニオイが存在しますよね。そのニオイが不快なニオイであれば、イメージダウンになってしまうので、掃除とともに、消臭にも気遣う必要があります。

不動産の価格交渉について

そして不動産価値とは、売りたいと思う価格と、買いたいと思う価格の間で大きな隔たりがあっては売買が成立しません。そのため価格交渉を行いますが、この価格交渉は心理戦だと言えます。
自分の条件はなるべく見せず、相手がいくらで購入したいのか、そしてその上限はいくらまでなのかを交渉しながら探っていく作業です、もし相手が子供の入学を前に引っ越したいと考えているのなら、それも交渉の材料となるわけです。
いかに自分のペースにもっていけるかが価格交渉を制する決め手だと言えるでしょう。
しかし、絶対に2000万円で売却したい、それ以下の価格では売りたくない。
そんなふうに頑なな状況では、交渉にはなりません。
相手の要望にも耳を傾け、相手の要望で叶えられる点は叶える、でも譲れない点だけは自分の要望を聞いてもらう。
そんなふうに上手に誘導する事がポイントです。

Copyright(C)2016 不動産を高く売る為の交渉術 All Rights Reserved.